口語の V の音

この記事は、Youtube を使った無料英会話スピーキング練習【さらば、ビーとブイ】からの抜粋記事です。

V の発音…「上の歯を下唇にあてた状態」というのは、
(Fの音でも使いますが、それはまた後日)
学校で習った方法だと、下唇を噛む、という表現だったように記憶しています。

が、これがなかなか、実際問題、発音しにくいんですよね。
しかも、次の音を続けて言いにくい。これは問題。

ほんとに英語ネイティブスピーカーさんたちは、みんな唇噛んでいるのか? 
と思ってテレビなんかを良く見ていると、
早口でしゃべる姉さんたちは、唇を噛んでいるようには、見えないんです。

で、ワタシはずっと不自然に思っていたのでありますが

どうやっているんだろう、どうやっているんだろうと観察の結果、
実は、上の歯が下唇に触れるのはとても大切なことですが、

その、触れる場所は、
「下唇のやや内側」←「薬用リップや口紅を塗らないような内側」
「「唇」と「口の中」の間」で十分OKでありました。

あーそっか。
この方法だと「V」の発音自体もそうですし、V の後、次の音への移行もラクになるし
きちんと「V」を使った単語なのだ、と伝わります。

特に口語でズダダダダ、とやっているときに、強調する必要がない時には、
唇の裏側に上の歯を触れておく、それを意識するのが一番大切だ、と学んだ出来事でした。

この記事は、Youtube を使った無料英会話スピーキング練習【さらば、ビーとブイ】からの抜粋記事です。動画などもありますので、お時間があればどうぞ(^^)

misakouroco